今からできる!ホームページからの問い合わせを増やす方法を解説

ホームページから問い合わせが来ない原因は色々あります。何が原因なのか見極めも重要です。この記事では、WEBサイトから問い合わせが少ない原因と問い合わせを増やす方法を紹介していきます。

ホームページからの問い合わせが来ない原因とは

まずホームページから問い合わせが来ない時は、以下のポイントを見直してみましょう。自社内で解決できると安心です。

問い合わせまでの導線が悪い

どこに何があるかわからないホームページ

ホームページの導線が悪いと、たとえコンテンツなどが充実していても問い合わせは少なくなる傾向があります。それでは辛いですよね。ユーザーがサービスや商品に興味をもっても、どこから問い合わせをすればよいかわからないからです。

ホームページの導線が悪いと、ほとんどのユーザーは問い合わせを諦めて他のサイトへ去ってしまい、強い興味をもっているユーザーであっても、問い合わせをやめて代替商品を探されては売上には繋がりません。

関連記事:迷わないホームページ作り-WEB集客対策

問い合わせフォームの作りが悪い

わかりやすい導線が設計されていても、問い合わせフォームの作りが悪いと問い合わせは少なくなります。面倒と感じてしまうユーザーが増えるからです。

作りが悪い問い合わせフォームの代表例として、入力項目が多すぎるケースもあります。ビジネスに必要な情報を収集したい気持ちはわかりますが、ユーザーの利便性にも配慮しなければなりません。自分でお客様の気持ちになり長くて面倒だな。と感じたら見直しをおすすめします。

多くの情報を入力しなければならないと離脱される恐れがあるのです。

コンテンツ不足

コンテンツ(有益な情報)が少ない、あるいはコンテンツの質が低いと、問い合わせは少なくなると考えられます。ユーザーに商品などの魅力や必要性が伝わらないためです。あなたのサービスや商品の良さが伝わらないと、手間をかけてまで問い合わせするユーザーは少なくなります。

コンテンツを充実させて、ユーザーが商品などについてもっと知りたいと思う状態を作ることが重要です。

とはいっても、自社が知ってほしい情報だけを一方的に伝えることはおすすめできません。課題の解決に繋がるなど、見込み客が何を求めているか情報を発信する必要があります。そこが重要です。

関連記事:コンテンツSEOとは?メリットや重要性を徹底解説

サイトが見づらい・読みづらい

コンテンツが充実していても、サイトが見づらいと問い合わせは少なくなる恐れがあります。読みにくいと、離脱するユーザーが多くなるからです。

見にくいサイトの代表例として、適切な位置で改行を行っていないサイトが挙げられます。だらだらと文章が続くと、途中で疲れてしまいます。

自社のホームページや自社の商品などに、始めから強い興味をもっているユーザーは基本的に多くありません。それほど興味がなくても読み進められるように、見やすいサイト制作・見直しが重要です。

アクセスがない

ホームページに大きな問題がないとしても、アクセス、つまり多くの人に見てもらわないと問い合わせは少なくなります。商品やサービスの情報を多くの人に伝えないと、問い合わせをしたいと考える人、あなたのサービスを待ってた人に出会えないからです。

問い合わせにつながる確率は商品や業界、時期などで異なりますが、一般的にはアクセス数の1~2%程度が平均といわれています。つまり、1件の問い合わせを獲得するため、50~100程度のアクセスが必要になるのです。アクセスを集めることも重要でしょう。

【NEW】サイト制作後、たった一週間足らずで問合せ獲得!
茨城県笠間市の町工場のホームページで、魅力が詰まったホームページができました。

ホームページから問い合わせを増やす具体的な方法

ではホームページからの問い合わせは、どうやって増やせばよいのでしょうか。取り組みたい対策例を紹介します。

SEO対策

SEOは1つじゃないし、変化しつづける

最初に取り組みたいのがSEO対策です。SEO対策は、検索エンジンで特定のキーワードが検索されたときに自社ホームページを上位表示させるための取り組みといえます。

SEOの基本的なポイントは以下のとおりです。

  • 検索エンジンが自社のホームページを理解できるように最適化する
  • ユーザーが求めている情報をわかりやすく提供する

最も重要なポイントは、ユーザーの役に立つコンテンツを制作することです。

関連記事:SEO対策は日々変化する?!SEO設定をしても、それだけじゃ足りない理由

問い合わせフォームの最適化

先ほども挙げたように、入力フォームの最適化です。

具体的には、必要性の低い入力項目を削除する、入力例を表示してわかりやすくする、間違えた項目を目立つように表示する、入力時間の目安を示すなどの対策が挙げられます。

使いやすさを向上することで、問い合わせフォームからの離脱を防ぐことができます。

問い合わせにつなげるバナーを設置

問い合わせフォームへ簡単に移動できる導線を設計することも重要です。

例えば、全てのページから確認できる場所にバナーを設置するなどが考えられます。画像でアピールすることで目立ちやすくなります。

ただし、バナーの設置だけで十分とはいえません。「ご不明な点はお気軽にどうぞ。」などの一言を添えて行動を促すなどの工夫も大切です。インターネット上であってもあなたのサービスを購入するのは「人」なのです。

関連記事:今すぐクリック!したくなるホームページづくり

離脱率の高いページへ修正

離脱率が高いページを修正することでも、問い合わせを増やせる可能性があります。ホームページ全体や各ページの離脱率は、サイト分析ツールなどで確認できます。

コンテンツの内容とユーザーのニーズがずれていると、離脱率は高くなる傾向があります(ページの目的などにより離脱率は異なります)。各ページの離脱率を確認したうえで、これらを見直すとよいでしょう。

関連記事:コンバージョン(CV)とは?ゴールの明白化で用語の意味を徹底解説!

スマホ対応

ホームページをスマホやタブレット対応表示にすることも重要です。

PC表示にしか対応していないと、スマホでアクセスしたときに見にくくなってしまいます。全体が小さく表示されるため、設置した問い合わせボタンを見つけられないケースもあります。

総務省が発表している資料によると、スマホによるインターネット利用率は68.3%です。パソコンやタブレット型端末の利用率を大きく上回ります。スマホでも見やすいサイトを構築しましょう。

出典:総務省「令和3年版 情報通信白書」

実績・事例コンテンツで訴求

社内も会社もみんなハッピー

商品やサービスの紹介と併せて実績や事例を掲載することで、問い合わせを増やせる可能性があります。会社や商品などに対する信頼感、利用することへの期待感を高められるからです。

例えば、導入企業を紹介することや効果がわかる導入事例を掲載することなどが考えられます。ユーザーの不安や疑問を解消したいときに、有効なコンテンツといえるでしょう。

定期的に情報更新

ホームページの定期的な更新も欠かせません。

長期間に渡り更新が滞っていると、「営業していないのでは」などの不安をユーザーに与えてしまうからです。ユーザーに問い合わせを不安・躊躇させてしまう原因の可能性も。

定期的に新しいコンテンツを追加する、新しいコンテンツを追加できない場合は古い情報を新しい情報に更新するなどを心がけましょう。

電話・問い合わせの導線をつくる

緊急度の高いユーザーなどは、問い合わせフォームからではなく電話で問い合わせる傾向があります。したがって、電話問い合わせしやすい導線を作っておくことも重要です。

追従バナーなどを活用して、いつでも電話をかけられるようにしましょう。スマホユーザーが電話番号を覚える必要をなくすため、タップで電話をかけられるようにしておくこともポイントです。

クミディアのおもてなしWEB集客の独自のノウハウで
9割のクライアント様に10年以上ご愛顧いただいております。

長期的に事業を成長させていくには、田舎でも知名度が低くても問い合わせ率を高める秘策と行動力が重要です。
私たちは、あなたのサイトや集客の悩みをWEB顧問としていつでも相談できる心のサポーターとなります。
お気軽にお問い合わせください。

飯島 久美子

飯島 久美子

職人の娘。技術があるけど、上手くネットを活用して自分や事業の良さを発揮できない、職人肌、気質の経営者さまに寄り添い、自信と成果を出す支援が強みです。御社の大きな縁の下の力持ちとなります。 【もっと詳しく