TikTok禁止法:危険アプリとしてのTikTokの真実

TikTok禁止法として、アメリカで成立したアプリ利用禁止法についての重要な議論となっていることで、今後日本で私たちがどう対処していくべきか、なぜ危険アプリと問題視されているのか迫ります。あなたの今後のSNS活用術も変化の時が来たのかもしれません。

なぜTikTokはアメリカ政府によって禁止されたのか?

TikTok禁止法:危険アプリとしてのTikTokの真実

TikTokは若者を中心に爆発的な人気を誇るSNSプラットフォームですが、なぜアメリカ政府がこのアプリを危険視して禁止したのでしょう?簡単に、その理由を5つご紹介します。

1. プライバシー侵害の懸念

TikTokはユーザーの個人情報を収集し、中国の企業に提供しているとの指摘があることをご存知でしょうか?アメリカ政府は、この「プライバシー侵害」について懸念しています。

2. セキュリティリスク

実は、TikTokアプリはセキュリティ上の脆弱性を抱えていて、ユーザーのデータが外部から攻撃される可能性があります。政府は国家安全保障上のリスクを考慮して禁止を決定したのです。

3. 中国政府との関連

TikTokの親会社であるByteDanceは中国に本社を置いており、中国政府との緊密な関係が指摘されています。アメリカ政府は、中国政府の監視や情報収集のリスクを警戒していますし、さらに注目すべきは未成年です。

4. 未成年者への影響

TikTokは若者に人気があり、未成年者が多く利用していることでも有名です。政府は、未成年者に対する適切なコンテンツフィルタリングやプライバシー保護が不十分であると判断しています。

5. 競合他社との公平性

アメリカ国内のSNSプラットフォームとの競合において、TikTokが不公平な利益を享受しているとの指摘があります。よってアメリカ政府は、公正な競争環境を守るため禁止を決定したというものなのです。

SNS活用とウェブサイトの重要性

TikTok禁止法の背後にある問題を理解することは、起業家や事業者にとって重要です。しかし、SNS活用とウェブサイトの構築も同様に重要です。ウェブサイトはオウンメディア、つまり自社の情報発信や集客に欠かせない存在です。TikTokから学ぶSNS活用の一方で、ウェブサイトの最適化もすすめてまいりましょう。

この記事を読んでくださった起業家や事業者のあなたへ。
自社のWEB集客強化や見直しとして、パワーSEO集客に取り組みたい方はぜひクミディア にご相談ください。

Picture of 飯島 久美子

飯島 久美子

職人の娘。技術があるけど、上手くネットを活用して自分や事業の良さを発揮できない、職人肌、気質の経営者さまに寄り添い、自信と成果を出す支援が強みです。御社の大きな縁の下の力持ちとなります。 【もっと詳しく