欲しい!を実現化。魅力的なホームページ制作方法

魅力的なホームページと言っても具体的にあなたにとってどのようなホームページのことを魅力的というのか。男女間、業種、センス、ターゲットにより捉え方は様々な魅力という情報、そこでどのようなポイントができるとホームページ集客で魅力をより与える、惹き付けるサービス提供が出来やすくなるのか確認をしていこう。

お客様が欲しくなる魅力とは?

例えば魅力にはこういう3つのポイントがあるか、確認していこう。だからその魅力を感じユーザーがあなたのお店に来たい、会いたい、自然と良さを提供できる環境であることは「分かりやすさ」だけのホームページにはないものなのだ。

  • 現時点でお客様が持っていないもの
  • 欲しいもの+他社にはないもの
  • 感動的なストーリーがあるもの
  • 人柄やサービスに惚れる

しかし「分かりやすさ」と「魅力的」何が、どちらがあるといいのか?

ホームページ制作クミディア問い合わせ

「魅力的」と「分かりやすい」どちら?

SEO無料診断申し込み

よく書籍でも色々なホームページ制作会社でも分かりやすいホームページやウェブ制作が重要ですというが、確かに分かりやすいことは大切なことであってもそのホームページ自体魅力を感じないものであればそれらの良さは100%ではないと考えるが、皆さんはどうだろうか。とりあえず情報があってナビゲーションも分かりやすい。最低限必要なことではあるが、そこに魅力が欠けているだけで購買欲、興味は別のサイトへ移動する可能性も高まる、訪問してきたユーザーの好みでなければそれだけサイト離れもしてしまう率も上がるだろう。 では、おさらいも兼ねて以下のような点はできているだろうか?確認していこう。

  1. ユーザビリティという分かりやすさ
  2. ユーザーフレンドリーという使いやすさ
  3. インパクトという印象力
  4. コールトゥーアクションというアクションを起こさせる誘導力

情報が大量にあればいい?

少量の情報よりは豊富な情報量の方がよいとしても、ただ単に情報があればいいというものでは魅力的なホームページや魅力を感じるサービスとは言い切れるものではない。 情報内に以下のような項目も含まれていると、ユーザーを惹きつけやすい、興味をあげるきっかけにもなる。

  • 専門性
  • 分かりやすさ
  • 欲しい情報か
  • 誘導力

個性ある魅力的な写真

shasin miryoku

インパクトや魅力的、惹き付けられる印象力があることはとても良いこと。
しかしこれらのインパクトといってもオリジナリティーはどうか、ここにしかない魅力があるか。こういった点も比較対象にもなる。例えばあなたの会社と近隣の会社、どちらも魅力的なホームページを運営しているとする。自社はありふれた写真素材を使っているが、近隣のライバル会社ではオリジナルの独特のセンスをもった写真力があり、興味をそそる力を持っている。 使うものはインターネット上の機械的なツールと言っても相手は人間、お客様は語らずともサイト内の分析を見ると興味があるかどうかが一目瞭然なのだ。とはいっても一概に一般的な写真素材がダメかというものでもなく、やはり使い方により上手な誘導もできやすいので、賢く使い分けられるとよいだろう。

  1. あった!欲しい情報
  2. 楽しい情報
  3. なるほど!役立つ情報

というように、情報提供の仕方や写真などの視覚からの印象力によりお客様の反応が大きく変わるのだ。
分かりやすい導線をつくりながら、サービスや商品の良さや魅力を残すことができる力を付けていくと、自分にとっての勉強にもなり、そして良い連鎖も起きやすくなるというもの。ぜひ知っておくと便利だろう。

ホームページ制作クミディア問い合わせ
ホームページ制作クミディア問い合わせ
スポンサード by ジャパンメディアデザイン