マスク高値転売問題と社会との考え方

需要と供給: 今話題になっているマスク高値転売問題。あなたはどう考えますか?


受講者600人突破突破!!

n95 price inflation

新型コロナウイルスが大きな問題になっていること、つまり人の不安材料である見えない感染症を防ぐために必要とされているマスク。大混乱化しているこのマスクが品薄となっていることをいいことに、ありえないほどの転売価格を表示している販売者たち。But it’s basic economics. It’s all about supply and demand.

マスク高値転売問題の現実 (N95 / 8805-DS2)

15,990円ってどういうことでしょう!?!?

この同タイプのマスクを2018年に購入した際はこういった妥当な金額です。

マスクを2018年に購入した際はこういった妥当な金額

たった1,885円!!!

このことがニュースなどでも取り上げられるようになった途端、まだいくらか高値ではありますが、やはり消費者は頭を抱える金額設定です。

マスク高値転売問題

いい利益なりますがでも7,800円はまだ高い!!!

それから類似品でこんなに値上げしたものまで↓

マスク高値転売問題と社会との考え方

社会問題とどう向き合い販売するか

ビジネスをする側として、デマンドが高いマスク。消毒液も一気に完売することまでも始まっている新型コロナウイルスの影響はいつまで続くものでしょうか。オンラインビジネスの利点と悲しい現実についてとりあげてみましたが供給が間に合っていないからこそビジネスチャンスと考えるユーザーもいるのもわかります。

オンラインの利点はすぐに値段変更ができる点でスピード勝負の時代ではありますが、倫理的によいことではありません。メルカリなどのサイト運営側では、異常なほどの金額を提示する販売者に対して削除を促すなど対応を始めているようですが、全てのサイトで対応できるかは疑問です。

デジタルマーケティング クミディア問い合わせ

コメントする