iPhoneロック解除のために10億規模の研究所がある

ニューヨーク市にはiPhoneロック解除のために10億規模の研究所があるそうなのですが、なぜだか知っていますか?()

サイバー犯罪専門研究

iPhoneロック解除のために10億規模の研究所がある

犯罪の多いアメリカ。サイバー犯罪専門研究施設があるということなのですが、なぜそういった施設が必要かといえば、いかなる犯罪があってもAppleが構築してきたセキュリティを政府といえど断固として解除しないという背景があるからであり、非常に大変な技術が要求されるものなのです。

なぜ10億円?

iPhoneのパスコード解除には4〜6桁、100万通りのコードから探し当てなければならなく、しかも6回連続で間違えると1分間はロックされてしまうという厄介なシステム。それらをパスできる技術者らへの報酬は並大抵のものではないということです。

PCセキュリティ、自分のスマホのセキュリティ、自ら定期的に安全性を高めましょう。

デジタルマーケティング クミディア問い合わせ

コメントする