サイトをhttpsにする必要性とは?

最近よく耳にするhttpsという単語ですが、httpと何が違うのかまたその必要性についてご紹介します。


受講者600人突破突破!!

情報を守るために

データ暗号化する、つまり暗号化通信であるため、人へ知られたくないような情報を送信する際に、利用される技術として今重要なものの1つとなっています。例えばネットショッピングでクレジット掲載をする際も、支払いを実行する前に、URLがHTTPSになっているか確認することも非常に大事です。SSL化されることでセキュリティ機能を向上させることができるからです。

ECサイトや銀行は特に重要

先程も述べましたように、お金が関わるサイトでの取引などには気をつけなければいけません。これは運営側としても同様です。常時SSL設定されていない時は、例え名の知れたホームページであっても、あなたの個人情報を記載しないようにしましょう。

なぜhttps(常時SSL)が必要か

なぜhttps(常時SSL)が必要か

例え決済などお金が関係していないサイトであっても、セキュリティが低いことが分かると有益な情報を盗み取られてしまったり、なりすましされたり盗聴されてしまうのです。そういった問題が起こる前にサイト制作の際に設定しておくことが安心です。

Googleもhttpsを推奨

数年前からGoogleの検索エンジン上でも、httpsになっているサイトとそうでないサイトを判別しています。検索結果にも影響してきているほどです。また使用する側としても、https化されていると安心しますよね。

SSL導入例

Symantecなどでは、60,000円代から160,000円まで幅広いSSL設定ができる専門セキュリティ機能を提供している会社もありますが、個人や中小企業などではそこまで手が出ないのが事実。

手軽にSSL化をサポート

クミディアでは、料金プラン内でhttps化ができる設定となっておりますので、検索上でもGoogleの信頼からも安心してビジネスオーナー様のサイトを保護通信設定ができます。

「何だこの会社は暗号化されてないんだ。」と、

イメージダウン対象にならないように、ぜひ早期的にSSL化おすすめいたします。

デジタルマーケティング クミディア問い合わせ

コメントする